‘育児のこと(一人目)’ カテゴリー

みーと始めた交換ノート

最近、6歳になった長女みーと交換ノートをはじめました。
前々から女の子どもが出来たら、交換ノートをするのが夢だったので、文章を書けるようになったみーに可愛いノートをプレゼントしました。
もちろんみーだけじゃスネる人が約一名いるので、うーにもあげました。ま、まだ字は書けないし読めないので、絵の交換でもいいかなと思ってです。
一ページ目、交換ノートはこうやってするんだよという説明と、ビリビリ破らないこと!落書きしない事!という説明を書きました。
みーがそこをちゃんと読んだ所で、交換ノートスタートです。
最初はみーの番です。「ママー交換ノート書いたけん、読んでお返事してよ!」ワクワクしながら開きました。
「ママへ ママいつもおこらせてごめんね みーはおりこうにします みーより」
最近くれる手紙は、いつもこの文面です。いかに私が怒り飛ばしているかがよく分かります(笑)
それに対して返事を書き、渡すと5分後にはまたノートが戻ってきました。
「ママへ みーママだいだいだいすき でもおこるのわるいよ」
またママの怒ることについてかーい!と突っ込みたくなりました(笑)
そろそろ私の怒る話はやめてもらおうと思い、とりあえず返事には何でママが怒るのかを書き、その後は今日の保育園楽しかった?と書きました。来た返事は…
「だってママさ かってにおこるやん?」何行か空いて「ほいくえんたのしかったよ」でした。
なにその大人が使うような意味深なクエスチョンマーク。完全に見透かされてます。そしてちょっと上から目線(笑)やっぱ6歳の女子はあなどれません。これがみーの本音です。
そして返事を書きましたが、たった3回のやり取りで飽きたみたいです。まだ何を書いたらいいのか、分かんないんでしょうね。
さてさて、私の夢の交換ノートはみー離脱で一時中断です。
次に始めたときは私の怒り以外の、恋の相談とか友だちの話とかそんなのを期待してます。今からそんな日が来るのが待ち遠しいです。

赤ちゃん生みたくない!!

二人はずっとこう言い続けています。何でそう言い出したのか、心当たりはあるんです。
それというのも、三女ゆーを産んだのは日曜日でした。二人も保育園がお休みで、母と一緒に病院についてきました。
立ち会い出産はまだ早いと思っていたのでさせるつもりはなく、隣の産前室で待ってもらっていました。
ですが、産前室には声が筒抜けです。もちろん私の痛みに耐えている声も二人に筒抜けです。
ゆーのお産は進むのが早く、病院に着いてから30分弱の超スピード出産でした。
早さはあっても痛みは同じ、早いだけに体がついて行かず痛みは三人の中で一番でした。
二人の不安を煽っちゃいけない!となるべく叫ばないようには頑張りましたが、限度があります。
そんな私の叫び声を聞いて、いてもたってもいられなくなったのか、次女うーが産前室から分娩室に入ってきたんです。
しかもそれは痛みがピークのいきみよ陣痛が来てる時。「痛いー」と言いながら、多分ものすごい顔で力んでる私の顔を見て大泣きで分娩室から出て行ってしまいました。
その後ろからみーもこっちを見ていました。
そこからなんですよね…二人が赤ちゃん生みたくない!って言い始めてしまったのは。
やっぱママのこの世にはない痛みに耐える顔…もの凄かったんだと思います。
このままトラウマとかにさせてしまったらどうしよう…そんな訳ないよねなんて思いつつ。
私は絶対に孫が見たいので、産んでねってあと何十年言い続けます(笑)

みー6歳の誕生日 当日!

ついにやってきました。みー6歳の誕生日、当日です。この何ヶ月、待に待ち続けたこの日です。
天気は…もちろん雨。何故かって、みーは生まれながらの雨女なんです。
生まれた日はどしゃ降りの雨。宮参りも小雨の雨。その他節目節目の行事はほぼ雨で、晴れの予報でもひっくり返してしまう程の強さです。
ですがそんなのもう慣れっこ。朝は誰よりも早く6時前に起き、カーテンを開けると「やっぱり雨かぁ。まいっか!みんな起きて !」…超迷惑です(笑)
でもなんだかんだ楽しみにしてるのは私も同じです。だってみーの楽しそうな姿を何日も前から想像してたので。
ダッシュでみんなで準備して、出発です。
三女ゆーはいると手がかかるのでばあばに預けて、久しぶりに四人でのお出かけです。
まずはみーが行きたがってたおもちゃ屋さん。いつもおもちゃを買う時は安いのをとネットで頼むので、あまりおもちゃ屋さんに行く事はありません。
多分覚えがないくらい前だったと思います。一番近いトイザらスの店舗へ行きました。
入って、目に入るものはおもちゃばっかり!大人でも少しワクワクするんだから、子どものワクワクは計り知れません。
二人で手をつなぐと最強です。私と旦那の手を離すとピャーっとどこかへ行ってしまいました。
そこから約一時間。見るもの見るもの全てに悩み、目移りし、なかなか決まりません。
本当はプリキュアの変身のやつが欲しいけど、ひとつしかないやつだとうーに横取りされるし…と、みーなりに悩んだ挙句、二人で遊べるおもちゃに決まりました。
こーゆー時兄妹いると大変だよね とつくづく思います。でもそれが分かってるみー、さすがお姉ちゃんです。
私の財布を持ってレジへ行き、自分で支払い。大きなおもちゃを抱きしめ、満面の笑みで、「パパママありがとう!!」この笑顔があるから私も旦那も頑張れます。
その後はお昼ごはんです。「何食べたい?」「うどん!」「え?うどんだけでいいの?」「うん!うどんとお肉の乗ったごはん!」安上がりな女です(笑)
チェーン店のうどん屋さんに行き、お腹いっぱい食べて帰宅しました。
夜は手巻き寿司を思い思いに巻いて、色んな種類のケーキにろうそくを立て、お祝いもクライマックスです。
一日の終わり、寝る時に「あー今日楽しかったぁ!ママありがとう!」こんなに感謝されるとちょっと照れます。
でもみーが喜ぶ誕生日の一日を過ごせて、本当に良かったです。
ハッピーバースデーみー。

みー6歳の誕生日 前日

ついに明日は、みーが待ちに待った6歳の誕生日です。同時に私も、6回目のママ誕生の日です。
毎年誕生日は二人とも、私が選んだ服や本その時使えそうな物をプレゼントしてきました。
欲しいおもちゃはサンタクロースから。そうやって、暗黙の了解でやってきました。
ですがみーも来年から小学生です。服にも好みが出てきたし、自分で選んで買ったものと親が買ってきたものとじゃ、違います。
という事で旦那とも話し合った結果、誕生日が日曜だし旦那も休みが取れるという事で、一日みーの好きな様にさせてあげると共に、プレゼントも自分で選ばせる事にしました。
まずはごはんを決めさせるため、質問です。ごはんはすんなり手巻き寿司に決定しました。うちのみんなの誕生日、いつも手巻き寿司なんです。こっちは楽なので即決です。
次はケーキです。家からすぐ近くのケーキ屋さんにはキャラデコというその時流行りのキャラクターのケーキがあります。
4歳・5歳とプリキュアのケーキを買いました。でもでも、そのケーキなんと15センチで4000円もするんです。しかもたいして美味しくない…。
二人はプリキュアの箱と、上に乗ったおもちゃ、フルーツが目当てなだけです。なのでケーキはあんまり減らず、上のみ裸にされた無残なケーキがかなり残されます。
お金の問題じゃないけど、その値段出すなら小さいケーキをたくさん買っていろんな味食べて、プレゼントたくさん買った方が良くない?とみーに持ちかけてみました。
意外や意外。絶対プリキュアがいい!!と言い張るだろうと思ったのに、そんん事はありませんでした。
「うん!みーもう6歳の大人やけん、プリキュアなんかいらんよ!小さいケーキたくさんと、プレゼントたくさん買う 。楽しみぃー」とすんなり受け入れてくれました。
沢山って響きが良かったのかもしれません。
誕生日前日は今までにない程のおりこうっぷりで、おりこうやなぁーと言うと「だってみー明日から6歳やけんな!」を連発(笑)
さてさて明日はどうなる事か。しっかりお祝いしてあげようと思います。

最近ハマってます

二人が最近ハマってるのは、なんといっても妖怪ウォッチです!
うちは放送のない地域で、有料放送にも入っていません。なので映らないのですが、もちろん保育園から情報は仕入れてきます。
今となってはどこもかしこも妖怪ウォッチだらけですが、まだ最初の頃は私も知りませんでした。
「ママー、妖怪ウォッチって知ってる?ジバニャン肉球百烈拳!!ダダダダダァー!」とパンチを私にくらわす長女。
しかしそんなのされても、はい?痛いし。という感じで、今は妖怪の時計とかあるんだ。ぐらいにしか思っていませんでした。
しかし、徐々に店頭でお菓子を見たり、一緒にYouTubeを見たりするうちに、妖怪ウォッチの内容が分かってきました。妖怪の時計…あながち間違いじゃなかった(笑)
主人公が色んな妖怪と友達になってくという平和なアニメで、大人が見てもちょっと笑えるんです。
しかも妖怪のキャラクターが可愛いんです。二人はどんどんはまっていきました。
ですが、どんだけハマっても妖怪ウォッチは最初から買うつもりもなく…(なんせまた二個いるし、なかなか手に入らないですからね)それが分かってるからか、二人も欲しがりません。
そのかわり画用紙とペンをあげて、思い思いに自分の妖怪ウォッチを手作り!なかなか上手に出来ました。
その妖怪ウォッチをママに向けると「わすれんぼう」(人に取り憑いて、その人を忘れっぽくしてしまう妖怪)という妖怪が見えるらしーです(笑)
そんな妖怪ウォッチ、まだまだ新しいキャラクターがたくさん登場しています。
妖怪ウォッチ熱、まだいっとき冷めそうにもありせん。

 

6歳と28歳の喧

6歳の長女みーは口がかなり達者です。話し始めるのも早かったのですが、それにプラスして保育園の友達がみんな二番目や三番目で、小学生のお兄ちゃん・お姉ちゃんがいる子ばっかり。
まーみんな見事に口が悪いです。それをそのままコピーし、立派な口の悪さをもらってしまいました。
まぁ、それだけじゃなく私の口の悪さもコピーしてるんでしょうけどね。
まぁ喧嘩と言ってもただの言い合いです。口がかなう分わたしがイラッとしてしまい、お互い売り言葉に買い言葉です。
6歳と本気で言い合いし、たまに図星をつかれて黙ってしまう事もある…そんな28歳です。
つい先日も些細な事からかなりの言い合いをしてしまいました。
喧嘩の発端は、保育園の帰りにお菓子を買いに行きたい!と言い出したみーの一言からでした。
前日にお菓子を買いに行っていたので、毎日は行けないよと伝えるとブチ切れ。
車の後部座席から運転席をドシドシ蹴ったり、ブツブツ文句を言ったりしてましたがオール無視。そのまま帰宅しました。
しかし、それに納得出来ないみーと私の言い争いの始まりです。
私「どーして蹴ったりするん?!今日はもう行けないって言ったでしょ?」
みー「ママはいつもダメばっかでお菓子も買ってくれん!」
私「昨日買いに行ったじゃん。毎日毎日お菓子買ってたらお金なくなるよ!」
みー「ママが頑張って働かんけんお金がないんやろ!やけんお菓子が買えんのやわ!」
カチン!です。
「もういい!みーはママが頑張って働いてないって言うんやな!もう知らん!」
とまぁ、我が娘ながら腹が立って怒鳴り散らしてしまいました。みーはしくしく泣きながら寝室へ。
ぶっちゃけ、ちょっとショックだったんです。頑張って働いてるのに…みーにはそれが伝わってないのかなって。
でも30分後、やっと泣きやんだみーが寝室から出てきました。いつもだったら喧嘩したあとは睨みつけるくらいで、謝ることはほとんどありません。
でも今日は違っていました。私の顔を見ると泣きながら…
「ママ、ごめんなさい。ママはいつもお仕事頑張ってるよ。」って。
良かったです。ちゃんと分かってくれてたんです。みーも、売り言葉に買い言葉でついつい言ってしまったけど、自分が悪かったって思ってくれたみたいです。
私もちゃーんと怒鳴ってごめんね。と謝りましたよ。
今はこんな喧嘩ばっかだけど、これからは喧嘩もどんどん激しくなってくんだろうなぁ…。
負けないように鍛えとかないと(笑)

みーはじめてのおつかい

もう何年も前の話になりますが、みーに初めておつかいをさせたのは4歳の誕生日、その日でした。
それというのも、誕生日から1週間程前の事、たまたま「はじめてのおつかい」をみーと見ていました。
すると、その内容というのが5歳の男の子が自分の誕生日ケーキを、自分で取りに行く。という内容でした。
それを見ていると、みーの目がキラーン!!「みーもおつかい行きたい!」と言い始めたんです。
都合の良い事に、うちの家からケーキ屋までは徒歩1分もなく、道中はほとんどベランダから見る事ができます。
なのでみーのお誕生日当日、自分のケーキを取りに行ってもらうことにしました。
当日、プリキュアのケーキを予約しどう言うか何度も何度も練習しました。
まだかなぁーまだかなぁーと朝からソワソワ、そして予約した4時半前。エプロンをつけ、私のお財布を持って意気揚々と出かけて行きました。
その背中が初めてたくましくみえました。
ですが、やっぱり道中は気になるし、お店に入って取る行動も気になります。ビデオ片手に追跡!
いつもキョロキョロよそ見してるみーから見つからずに後をつけるのは至難の業でした。
すぐに到着し練習した事を大きな声で言え、はじめてのおつかいはパーフェクト!!
親バカだけど、「こんな事もひとりでできるようになったんだ…」と、ちょっとウルッときてしまいました。
でも自分で買ったケーキを食卓に並べ、ろうそくふーは格別だったと思います。
まだまだ一人でした事がないことはたくさん!!これからもっと高度なことに挑戦する機会がやってくると思います。
いつだって応援してるからね!頑張れみー!

毎日の食

毎日のことですが、一番時間を要し一番考えさせられるのは食事の事です。
人間の体は食べ物で出来ています。自分もそうですが、もちろん子ども達もです。
最近食について、改めて考えさせられる出来事がありました。
それというのも某ファーストフード店のお肉についてのニュースがきっかけでした。
もともと私はそのお店が好きではなく、あまりいく事は無かったのですが、コマーシャルを見た子ども達にせがまれて、おもちゃ目当てで行く事がありました。
子ども達は私が嫌いなこともあって、ハンバーガーは食べません。ですがおもちゃを貰うためには、何か注文しなくてはいけません。
いつも仕方なく注文していたのが、今回問題になった鶏肉商品でした。
安く提供しているこの商品に、何の疑問も無かった訳ではありません。何か安くできる理由があるんだろうなとは思いつつ、目をつむって購入をしていましたが、まさかここまでとは・・・。
昔色んな問題があってから、特に子どもが生まれてからは、目に見える中国製品は避けて通ってきました。
しかし見えないところでどれほどの中国製品を摂取したんだろうかと考えると、鳥肌が立ちました。
知らなければこれからも子ども達のご機嫌取りに利用していたかもしれません。しかし知ってしまった以上もう利用したくはありません。
やっぱり目に見えるところで調理した、自分の納得したものを子ども達に食べさせるのが一番だなぁと感じています。
それが大変だということは目に見えて分かっています。しかし今回考えさせられて、少し大変でも頑張ってあげないとと改めて思わされました。

 

二つづつ増えていく・・・

長女みーと次女うーの年の差は一歳半です。
うーが赤ちゃんの頃はそこまで無かった悩みが、ふたりが大きくなるにつれて大きな悩みになっています。
それは「何でも二つないとダメな事」です。
もちろんおもちゃはそうですが、お菓子・服・ノート・ペン・キャラクターもの・・極めつけは捨てようとしているごみまで、二つないと大喧嘩です。
安ーいものなら、あらかじめ喧嘩にならないように二つ買っておけますが、高いものはそうもいきません。二つ買うのはちょっと予算オーバーだからと、もう一つも一緒に諦めてしまう事もしばしばです。
大変なのは誕生日です。みーは分かってくれるんですが、うーはまだ誕生日の意味がよく分かっていません。
なのでみーの誕生日に自分だけ買ってもらえないと、大騒動をしました。まぁまだ分かれって言うのが無理なのかもしれませんが・・・。
みんなそれを知っているから、何かお土産といえば同じものを二つ買って来てくれます。同じものが二つづつ増えていくんです。
消耗品ならまだしも、今流行っているおもちゃが二つあっても新しいキャラクターが出てきたら、その二つのおもちゃに替わって新しいおもちゃが二つ増えます。
もうみるみるうちにおもちゃ箱は一杯。入りきれていません。でも捨てたら怒るし、不思議とバレるんですよね。
もう少し大きくなれば、個性も出てきて欲しいものが別々になってくるのかもしれませんが、次女は長女の持ってるもの全て欲しがります。
これはきっとまだまだ続きますよね・・・。いつまで二つづつ同じものが増えていくのか、考えただけでゾッとします。
どうか三つづつになるまでには、みーが成長してくれていますように・・・。

みーの歯が抜けた!

長女みー5歳、初めて乳歯が抜けました。とゆーか、抜かれました。
もうすぐ6歳なので、周りの友達はみんな歯抜け状態で「自分だけ歯が抜けない」と悩んでいた長女です。
少し前、「ママー歯がグラグラしよん!」と嬉しそうに、なんだか少し照れながら前歯を見せてきたみー。
そんな我が子の成長にママも「キャー!ついに歯が大人の歯に生え変わるんだ!」と一緒に大喜び。
「抜けたら下の歯は屋根に投げるんで!」と教えてあげました。
ですが、そのグラグラが分かってから一向に抜ける気配がありません。まだかまだかと毎日前歯を触るみーでしたが、グラグラはするものの取れそうにはありません。
「みーの歯、抜けんのかもしれんわぁ・・」と半分諦めモードでした。私は時間が経てば勝手に抜けるだろうと思っていたので、特に何もすることなく抜けるのを待ちました。
しかし何日経っても抜けず、みーは前歯で物が噛めないし気持ちが悪いようで、食欲が減退。悩みすぎてか毎日元気がなくなってしまいました。
そこでこんな時は育児の大先輩、母の登場です。一部始終を話すと、「よーし、みーちゃんばぁばがおまじないしてあげるな!」とどこかへ。
戻ってきた母の手には糸が。それをすばやくグラグラしている歯に引っ掛けると「あっ」同時にピッ。
目にも留まらぬ早業で、みーの前歯を抜いてしまいました。痛くも痒くも無かったようで、みーは何が起こったか分かっていない様子でした。
抜けたみーの歯は小さくて、可愛い子どもの歯です。歯抜けのみーは上機嫌でみんなにイーしてまわっていました。
たかが歯が一つ抜けただけ、ですがその小さな歯をも愛おしく思えてしまう・・・こんな私は親バカでしょうか?