みーと始めた交換ノート

最近、6歳になった長女みーと交換ノートをはじめました。
前々から女の子どもが出来たら、交換ノートをするのが夢だったので、文章を書けるようになったみーに可愛いノートをプレゼントしました。
もちろんみーだけじゃスネる人が約一名いるので、うーにもあげました。ま、まだ字は書けないし読めないので、絵の交換でもいいかなと思ってです。
一ページ目、交換ノートはこうやってするんだよという説明と、ビリビリ破らないこと!落書きしない事!という説明を書きました。
みーがそこをちゃんと読んだ所で、交換ノートスタートです。
最初はみーの番です。「ママー交換ノート書いたけん、読んでお返事してよ!」ワクワクしながら開きました。
「ママへ ママいつもおこらせてごめんね みーはおりこうにします みーより」
最近くれる手紙は、いつもこの文面です。いかに私が怒り飛ばしているかがよく分かります(笑)
それに対して返事を書き、渡すと5分後にはまたノートが戻ってきました。
「ママへ みーママだいだいだいすき でもおこるのわるいよ」
またママの怒ることについてかーい!と突っ込みたくなりました(笑)
そろそろ私の怒る話はやめてもらおうと思い、とりあえず返事には何でママが怒るのかを書き、その後は今日の保育園楽しかった?と書きました。来た返事は…
「だってママさ かってにおこるやん?」何行か空いて「ほいくえんたのしかったよ」でした。
なにその大人が使うような意味深なクエスチョンマーク。完全に見透かされてます。そしてちょっと上から目線(笑)やっぱ6歳の女子はあなどれません。これがみーの本音です。
そして返事を書きましたが、たった3回のやり取りで飽きたみたいです。まだ何を書いたらいいのか、分かんないんでしょうね。
さてさて、私の夢の交換ノートはみー離脱で一時中断です。
次に始めたときは私の怒り以外の、恋の相談とか友だちの話とかそんなのを期待してます。今からそんな日が来るのが待ち遠しいです。

グレルりんうー

うちには今グレにグレまくってる4歳児うーがいます。
スネたり、怒ったり、モノを投げてみたり、反抗してみたり、訳の分からないことで泣いてみたり…みーにも確かにありました。
でも一つ違う点があります。それは、腹を立てたり泣いたりした時に「どうして泣いてるの?」と聞くとオール無視!余計に泣くか、余計に暴れ始めます。
みーの場合は、なんでか理由が分からない時は聞けば、誰が悪い何が悪いと答えてくれます。なので、その原因を取り除けばどうにか解決に至ります。
しかし、何を聞いても答えず泣きっぱなされると、こっちはどーすればいいのか分かりません。
強く出るとダメなのは分かってるので、怒りを押し殺して下手に下手に出て優しく聞いてあげます。
でも泣き喚いたり蹴られたりすると、優しいママも崩壊してしまいます。
うーがこんな訳わかんない事言い出したのは、今に始まった事ではありません。
思えば、三女ゆーが生まれる前から赤ちゃん返りのような状態がありました。
それが徐々に徐々にヒドくなり、今のような状態になりました。
ゆーが生まれて、たくさん我慢したり怒られたりママを取られたり、うーにとってたくさんの変化がありました。
それに付いて行けず、本人も混乱してるのかもしれません。
でもそれ以上にグレまくっているため、毎日下手に出てなだめるのも結構限界がきてます。
いつになったらこのグレがおさまるのか・・・ほんとにほんとに収まる日を切に願っています。

赤ちゃん生みたくない!!

二人はずっとこう言い続けています。何でそう言い出したのか、心当たりはあるんです。
それというのも、三女ゆーを産んだのは日曜日でした。二人も保育園がお休みで、母と一緒に病院についてきました。
立ち会い出産はまだ早いと思っていたのでさせるつもりはなく、隣の産前室で待ってもらっていました。
ですが、産前室には声が筒抜けです。もちろん私の痛みに耐えている声も二人に筒抜けです。
ゆーのお産は進むのが早く、病院に着いてから30分弱の超スピード出産でした。
早さはあっても痛みは同じ、早いだけに体がついて行かず痛みは三人の中で一番でした。
二人の不安を煽っちゃいけない!となるべく叫ばないようには頑張りましたが、限度があります。
そんな私の叫び声を聞いて、いてもたってもいられなくなったのか、次女うーが産前室から分娩室に入ってきたんです。
しかもそれは痛みがピークのいきみよ陣痛が来てる時。「痛いー」と言いながら、多分ものすごい顔で力んでる私の顔を見て大泣きで分娩室から出て行ってしまいました。
その後ろからみーもこっちを見ていました。
そこからなんですよね…二人が赤ちゃん生みたくない!って言い始めてしまったのは。
やっぱママのこの世にはない痛みに耐える顔…もの凄かったんだと思います。
このままトラウマとかにさせてしまったらどうしよう…そんな訳ないよねなんて思いつつ。
私は絶対に孫が見たいので、産んでねってあと何十年言い続けます(笑)

みー6歳の誕生日 当日!

ついにやってきました。みー6歳の誕生日、当日です。この何ヶ月、待に待ち続けたこの日です。
天気は…もちろん雨。何故かって、みーは生まれながらの雨女なんです。
生まれた日はどしゃ降りの雨。宮参りも小雨の雨。その他節目節目の行事はほぼ雨で、晴れの予報でもひっくり返してしまう程の強さです。
ですがそんなのもう慣れっこ。朝は誰よりも早く6時前に起き、カーテンを開けると「やっぱり雨かぁ。まいっか!みんな起きて !」…超迷惑です(笑)
でもなんだかんだ楽しみにしてるのは私も同じです。だってみーの楽しそうな姿を何日も前から想像してたので。
ダッシュでみんなで準備して、出発です。
三女ゆーはいると手がかかるのでばあばに預けて、久しぶりに四人でのお出かけです。
まずはみーが行きたがってたおもちゃ屋さん。いつもおもちゃを買う時は安いのをとネットで頼むので、あまりおもちゃ屋さんに行く事はありません。
多分覚えがないくらい前だったと思います。一番近いトイザらスの店舗へ行きました。
入って、目に入るものはおもちゃばっかり!大人でも少しワクワクするんだから、子どものワクワクは計り知れません。
二人で手をつなぐと最強です。私と旦那の手を離すとピャーっとどこかへ行ってしまいました。
そこから約一時間。見るもの見るもの全てに悩み、目移りし、なかなか決まりません。
本当はプリキュアの変身のやつが欲しいけど、ひとつしかないやつだとうーに横取りされるし…と、みーなりに悩んだ挙句、二人で遊べるおもちゃに決まりました。
こーゆー時兄妹いると大変だよね とつくづく思います。でもそれが分かってるみー、さすがお姉ちゃんです。
私の財布を持ってレジへ行き、自分で支払い。大きなおもちゃを抱きしめ、満面の笑みで、「パパママありがとう!!」この笑顔があるから私も旦那も頑張れます。
その後はお昼ごはんです。「何食べたい?」「うどん!」「え?うどんだけでいいの?」「うん!うどんとお肉の乗ったごはん!」安上がりな女です(笑)
チェーン店のうどん屋さんに行き、お腹いっぱい食べて帰宅しました。
夜は手巻き寿司を思い思いに巻いて、色んな種類のケーキにろうそくを立て、お祝いもクライマックスです。
一日の終わり、寝る時に「あー今日楽しかったぁ!ママありがとう!」こんなに感謝されるとちょっと照れます。
でもみーが喜ぶ誕生日の一日を過ごせて、本当に良かったです。
ハッピーバースデーみー。

みー6歳の誕生日 前日

ついに明日は、みーが待ちに待った6歳の誕生日です。同時に私も、6回目のママ誕生の日です。
毎年誕生日は二人とも、私が選んだ服や本その時使えそうな物をプレゼントしてきました。
欲しいおもちゃはサンタクロースから。そうやって、暗黙の了解でやってきました。
ですがみーも来年から小学生です。服にも好みが出てきたし、自分で選んで買ったものと親が買ってきたものとじゃ、違います。
という事で旦那とも話し合った結果、誕生日が日曜だし旦那も休みが取れるという事で、一日みーの好きな様にさせてあげると共に、プレゼントも自分で選ばせる事にしました。
まずはごはんを決めさせるため、質問です。ごはんはすんなり手巻き寿司に決定しました。うちのみんなの誕生日、いつも手巻き寿司なんです。こっちは楽なので即決です。
次はケーキです。家からすぐ近くのケーキ屋さんにはキャラデコというその時流行りのキャラクターのケーキがあります。
4歳・5歳とプリキュアのケーキを買いました。でもでも、そのケーキなんと15センチで4000円もするんです。しかもたいして美味しくない…。
二人はプリキュアの箱と、上に乗ったおもちゃ、フルーツが目当てなだけです。なのでケーキはあんまり減らず、上のみ裸にされた無残なケーキがかなり残されます。
お金の問題じゃないけど、その値段出すなら小さいケーキをたくさん買っていろんな味食べて、プレゼントたくさん買った方が良くない?とみーに持ちかけてみました。
意外や意外。絶対プリキュアがいい!!と言い張るだろうと思ったのに、そんん事はありませんでした。
「うん!みーもう6歳の大人やけん、プリキュアなんかいらんよ!小さいケーキたくさんと、プレゼントたくさん買う 。楽しみぃー」とすんなり受け入れてくれました。
沢山って響きが良かったのかもしれません。
誕生日前日は今までにない程のおりこうっぷりで、おりこうやなぁーと言うと「だってみー明日から6歳やけんな!」を連発(笑)
さてさて明日はどうなる事か。しっかりお祝いしてあげようと思います。

髪の毛の分け目・・・

産後からずっと育児に夢中になってて、自分のことをしっかり観察する暇がない毎日です。

でもある日抜け毛がなぜか多いような気がして自分で鏡でじっくり見てみました。

抜け毛がすごい多いのでひょっとしてそこら中剥げてるのでは・・・?って心配になるほどだったんですが、鏡で見てもそういうわけでもないし・・・

そしたらダンナが来て「どうしたの?髪の毛気になるの?てっぺんだけやたら薄いよね」

って言ったんです・・!

え??てっぺん?

自分が見る限りてっぺんは見づらいので、ダンナに頭のてっぺんの写メを撮ってもらいました。

そしたら・・・確かにてっぺんだけ髪の毛が少なくて薄くなってるんです!!

分け目が広がってしまって、剥げてるようにも見えます・・・

ショックでした・・!

分け目が薄くなってる!!思わずきゃ~って叫んでしまったくらいです。

慌ててネットで育毛剤を探し始めました。ママ友が育毛剤を使ってるのを思い出したからです。

そうしたら分け目の薄いのに効果ある育毛剤ってあるんですね!

良さそうなのを見つけたので、育毛剤早速買ってみようと思いました!

 

 

中耳炎の恐怖…ふたたび

三女ゆーが保育園に行き始め、私もフルに仕事に出始めてから一ヶ月以上が経ちました。

入ってからすぐRSウィルスに感染し休んだだけで、あとは元気に通っています。

ところが2、3日前から咳込みと鼻水がダラダラで怪しげな感じです。
日中暑くて、朝晩が涼しくなったので気候の変化について行けてないのかな…。とも思いましたが、長女みーも次女うーもハナタレだったので耳鼻科に連れて行くことにしました。
耳鼻科は家から5分もかからない所にある、小さな病院です。

みーは小さい頃いつも中耳炎を繰り返していたので、ここで切開もしてもらったし、週一通っていたのでもう慣れっこです。

うーはここの先生が大好きで、診察じゃない時でも診察台に座ってしまうので、いつもおまけで見てもらいます。

診察の順番はいつも先生大好きなうーからです。でもうーはどれだけ青っぱなが垂れてても、今まで一度も中耳炎になった事がありません。

今回も先生から「合格!」をいただきました。いつものパターンです。

次はみーです。みーは小さい頃から中耳炎になりやすいようで、鼻が少しでも出始めると大体中耳炎になっています。二歳の頃には手術もしました。

まぁ、二歳の頃に比べればだいぶ体も成長したので中耳炎になる回数も減りましたが、またいつなるかとヒヤヒヤもんです。

案の定、左耳がやられていました。久々の中耳炎です。また今日から薬漬けです。

最後にゆーです。先生が「さぁ、チビさんの耳はどっちの姉ちゃんに似てるかな 」と診察。

「残念。上のお姉ちゃん似だわ」と、ゆーも中耳炎になってしまっていました。マジか…。

こんなに小さいのに中耳炎なんてかわいそうに。これで癖にならないといいのですが…。

これから寒い冬がやってきます。みーの時以来、また中耳炎に怯える日々の始まりです。

最近ハマってます

二人が最近ハマってるのは、なんといっても妖怪ウォッチです!
うちは放送のない地域で、有料放送にも入っていません。なので映らないのですが、もちろん保育園から情報は仕入れてきます。
今となってはどこもかしこも妖怪ウォッチだらけですが、まだ最初の頃は私も知りませんでした。
「ママー、妖怪ウォッチって知ってる?ジバニャン肉球百烈拳!!ダダダダダァー!」とパンチを私にくらわす長女。
しかしそんなのされても、はい?痛いし。という感じで、今は妖怪の時計とかあるんだ。ぐらいにしか思っていませんでした。
しかし、徐々に店頭でお菓子を見たり、一緒にYouTubeを見たりするうちに、妖怪ウォッチの内容が分かってきました。妖怪の時計…あながち間違いじゃなかった(笑)
主人公が色んな妖怪と友達になってくという平和なアニメで、大人が見てもちょっと笑えるんです。
しかも妖怪のキャラクターが可愛いんです。二人はどんどんはまっていきました。
ですが、どんだけハマっても妖怪ウォッチは最初から買うつもりもなく…(なんせまた二個いるし、なかなか手に入らないですからね)それが分かってるからか、二人も欲しがりません。
そのかわり画用紙とペンをあげて、思い思いに自分の妖怪ウォッチを手作り!なかなか上手に出来ました。
その妖怪ウォッチをママに向けると「わすれんぼう」(人に取り憑いて、その人を忘れっぽくしてしまう妖怪)という妖怪が見えるらしーです(笑)
そんな妖怪ウォッチ、まだまだ新しいキャラクターがたくさん登場しています。
妖怪ウォッチ熱、まだいっとき冷めそうにもありせん。

 

おっぱいが止まった?!

三女ゆーが保育園に行き始めて、一ヶ月以上が経ちました。
ずっと調子よく行けていたのですが、つい最近中耳炎になってしまい、保育園をお休みしました。
熱もなく元気でごはんもよく食べるのですが、鼻が詰まって息苦しそうなのと咳込みでなかなか寝ないため、大事を取って一日だけ休ませる事にしました。
ところが頼みのツナのばあばがダメで、会社に許しをもらって職場に連れて行くことにしました。
朝はガッツリご飯を食べ、行きの車の中で熟睡です。会社に着くとパチッと目覚め、私がパソコンに向かってる間、ハイハインを食べたりおもちゃで遊んだり、お利口にしてくれてました。
お昼近くなり、そろそろご飯の時間です。ですが私とした事が、ゆうのごはんを忘れてきてしまいました。
やってしまったー!と思いつつ、とりあえずおっぱいとハイハインでしのがせようと考え、授乳する事にしました。
いつも通り脇目も振らずにオッパイに吸い付き、力強く吸い続けます。でもいつもと様子が違います。
吸ったり噛んだり手で摘んだり…しまいにはのけぞって泣きだしてしまいました。
そう、おっぱいが一滴たりとも出てなかったんです。トイレに行って絞ってみても、出そうにありません。
「止まってしまったのかも。」そんな不安が頭をよぎりました。
が、今はそんな事言ってる場合じゃない!とりあえず空腹を満たしてあげないと!と思い、ドラックストアへ離乳食を買いに行きました。ごはんで何とかその場はしのげました。
でも突然出なくなったのも不思議だし、今まで二人の時は止まることなくだだ漏れだったので、今晩からどうすればいいのか、ちょっと途方にくれました。
帰りに飲んでくれるか分からないけど、ミルクを買って帰りました。
ところがです!夕方6時前。急にオッパイが張り始めたんです。ゆうに吸い付かせてみると、明らかに出てる!という飲みっぷり。美味しそうに飲んでいました。
それからは止まることなく、ちゃんと出ています。なぜあの何時間かだけ出なかったのか謎です。
もしかしたら毎日あげない時間だったから出なかったのかも?
母の体は神秘です。

優先順位

私の中には譲れない優先順位があります。
そんな威張って言うほど大げさな事ではないですが、激動の毎日では優先順位ってけっこう重要です。
優先順位第一。当たり前だけど子どもたちです。一番大切で、不幸にしちゃいけない存在。
幸せに育ててあげないといけない責任があります。責任というと重い感じになりますが、幸せにしてあげたいというのが一番です。
次は…なんだろうって考えた時にあとは全部が二番目の様な気がします。
仕事や家事、旦那や自分そのどれもが二番目に大事で、それが均等に大事にできないと、一番大事な子ども達を大事にできない気がします。
まぁその中でも、一番優先順位が低いのは自分の事ですね。もっと自分を大事にしてあげないととは思うこともありますが、なかなかです。
下から二番目は旦那の事です。実際は子どもよりも手がかかりますが、本当だったら自分で出来る事でも人に頼んでくるので、後回しです。
家事とひとくくりにしてもその中での優先順位があります。
まずは食べる事。食べることの中には、買い物・料理・片付けが入ります。やっぱり育ち盛りの子ども達、一番大事な事です。
次に洗濯・掃除と続きます。洗濯物、しないと着るものがなくなるので困りますが、畳むのは後回しでもそんなに困りません。なので、後回し。
こんな感じで毎日時間が足りない中で、色んなものに優先順位をつけて、どーにかこなせています。
これがいいのか悪いのか分からないけど、全部完璧には絶対できないから、これからもこの優先順位で毎日をこなしていこうと思います。