‘自分のこと’ カテゴリー

おっぱいが止まった?!

三女ゆーが保育園に行き始めて、一ヶ月以上が経ちました。
ずっと調子よく行けていたのですが、つい最近中耳炎になってしまい、保育園をお休みしました。
熱もなく元気でごはんもよく食べるのですが、鼻が詰まって息苦しそうなのと咳込みでなかなか寝ないため、大事を取って一日だけ休ませる事にしました。
ところが頼みのツナのばあばがダメで、会社に許しをもらって職場に連れて行くことにしました。
朝はガッツリご飯を食べ、行きの車の中で熟睡です。会社に着くとパチッと目覚め、私がパソコンに向かってる間、ハイハインを食べたりおもちゃで遊んだり、お利口にしてくれてました。
お昼近くなり、そろそろご飯の時間です。ですが私とした事が、ゆうのごはんを忘れてきてしまいました。
やってしまったー!と思いつつ、とりあえずおっぱいとハイハインでしのがせようと考え、授乳する事にしました。
いつも通り脇目も振らずにオッパイに吸い付き、力強く吸い続けます。でもいつもと様子が違います。
吸ったり噛んだり手で摘んだり…しまいにはのけぞって泣きだしてしまいました。
そう、おっぱいが一滴たりとも出てなかったんです。トイレに行って絞ってみても、出そうにありません。
「止まってしまったのかも。」そんな不安が頭をよぎりました。
が、今はそんな事言ってる場合じゃない!とりあえず空腹を満たしてあげないと!と思い、ドラックストアへ離乳食を買いに行きました。ごはんで何とかその場はしのげました。
でも突然出なくなったのも不思議だし、今まで二人の時は止まることなくだだ漏れだったので、今晩からどうすればいいのか、ちょっと途方にくれました。
帰りに飲んでくれるか分からないけど、ミルクを買って帰りました。
ところがです!夕方6時前。急にオッパイが張り始めたんです。ゆうに吸い付かせてみると、明らかに出てる!という飲みっぷり。美味しそうに飲んでいました。
それからは止まることなく、ちゃんと出ています。なぜあの何時間かだけ出なかったのか謎です。
もしかしたら毎日あげない時間だったから出なかったのかも?
母の体は神秘です。

優先順位

私の中には譲れない優先順位があります。
そんな威張って言うほど大げさな事ではないですが、激動の毎日では優先順位ってけっこう重要です。
優先順位第一。当たり前だけど子どもたちです。一番大切で、不幸にしちゃいけない存在。
幸せに育ててあげないといけない責任があります。責任というと重い感じになりますが、幸せにしてあげたいというのが一番です。
次は…なんだろうって考えた時にあとは全部が二番目の様な気がします。
仕事や家事、旦那や自分そのどれもが二番目に大事で、それが均等に大事にできないと、一番大事な子ども達を大事にできない気がします。
まぁその中でも、一番優先順位が低いのは自分の事ですね。もっと自分を大事にしてあげないととは思うこともありますが、なかなかです。
下から二番目は旦那の事です。実際は子どもよりも手がかかりますが、本当だったら自分で出来る事でも人に頼んでくるので、後回しです。
家事とひとくくりにしてもその中での優先順位があります。
まずは食べる事。食べることの中には、買い物・料理・片付けが入ります。やっぱり育ち盛りの子ども達、一番大事な事です。
次に洗濯・掃除と続きます。洗濯物、しないと着るものがなくなるので困りますが、畳むのは後回しでもそんなに困りません。なので、後回し。
こんな感じで毎日時間が足りない中で、色んなものに優先順位をつけて、どーにかこなせています。
これがいいのか悪いのか分からないけど、全部完璧には絶対できないから、これからもこの優先順位で毎日をこなしていこうと思います。

6歳と28歳の喧

6歳の長女みーは口がかなり達者です。話し始めるのも早かったのですが、それにプラスして保育園の友達がみんな二番目や三番目で、小学生のお兄ちゃん・お姉ちゃんがいる子ばっかり。
まーみんな見事に口が悪いです。それをそのままコピーし、立派な口の悪さをもらってしまいました。
まぁ、それだけじゃなく私の口の悪さもコピーしてるんでしょうけどね。
まぁ喧嘩と言ってもただの言い合いです。口がかなう分わたしがイラッとしてしまい、お互い売り言葉に買い言葉です。
6歳と本気で言い合いし、たまに図星をつかれて黙ってしまう事もある…そんな28歳です。
つい先日も些細な事からかなりの言い合いをしてしまいました。
喧嘩の発端は、保育園の帰りにお菓子を買いに行きたい!と言い出したみーの一言からでした。
前日にお菓子を買いに行っていたので、毎日は行けないよと伝えるとブチ切れ。
車の後部座席から運転席をドシドシ蹴ったり、ブツブツ文句を言ったりしてましたがオール無視。そのまま帰宅しました。
しかし、それに納得出来ないみーと私の言い争いの始まりです。
私「どーして蹴ったりするん?!今日はもう行けないって言ったでしょ?」
みー「ママはいつもダメばっかでお菓子も買ってくれん!」
私「昨日買いに行ったじゃん。毎日毎日お菓子買ってたらお金なくなるよ!」
みー「ママが頑張って働かんけんお金がないんやろ!やけんお菓子が買えんのやわ!」
カチン!です。
「もういい!みーはママが頑張って働いてないって言うんやな!もう知らん!」
とまぁ、我が娘ながら腹が立って怒鳴り散らしてしまいました。みーはしくしく泣きながら寝室へ。
ぶっちゃけ、ちょっとショックだったんです。頑張って働いてるのに…みーにはそれが伝わってないのかなって。
でも30分後、やっと泣きやんだみーが寝室から出てきました。いつもだったら喧嘩したあとは睨みつけるくらいで、謝ることはほとんどありません。
でも今日は違っていました。私の顔を見ると泣きながら…
「ママ、ごめんなさい。ママはいつもお仕事頑張ってるよ。」って。
良かったです。ちゃんと分かってくれてたんです。みーも、売り言葉に買い言葉でついつい言ってしまったけど、自分が悪かったって思ってくれたみたいです。
私もちゃーんと怒鳴ってごめんね。と謝りましたよ。
今はこんな喧嘩ばっかだけど、これからは喧嘩もどんどん激しくなってくんだろうなぁ…。
負けないように鍛えとかないと(笑)

ママ友たち

よく耳にしていた、ママ友達との関係。
フルで働いていると、保育園もポンと置いて帰りもサッとなので、なかなか話す暇がなく保育園にママ友らしいママ友はいません。
本当は子供の為にはママ友を作った方がいいのかな?とも思うのですが、正直面倒臭いが先に立ってしまいます。
ですが、全くママ友がいない訳ではありません。高校生の頃や短大時代バカばっかりして遊びまわってた友達が結婚して子どもを生み、今はママ友です。
そんな一番楽しい時間を一緒に過ごした、いつも恋愛話やたわいのない話をして馬鹿笑いしてた友達。
今は子供のことや旦那の悪口、そして家計の話を真面目にしてるとちょっと笑えてきます。
でもそんな友達だからこそ、腹を割って何でも話すことができます。でも、保育園のお母さん達とは腹を割って話すことなんてできません。上っ面のたわいない会話のみです。
よく「ママ友とは仲良くしといた方がいいよー!いざって時絶対必要で!」とか言われるのですが…。どうやったら腹を割って話すことができる関係になれるのか、よく分かりません。
でも腹を割って話が出来ない、上っ面の関係なんて友達とは言えないし…。うーん。悩みます。
あまり人付き合いがうまくない私です。でも高校や短大の友達とは毎日同じ時間を過ごす中で、自然と仲良くなっていきました。
でもこれから仲良くしてかないといけないママ友は、どうやったら仲良くなれるのか…皆無です。
三姉妹、それぞれの友達のママ達とこれから付き合いが始まってくると思います。小学生になれば尚更です。

近い将来

うちの家族は全部で5人です。私達夫婦とみーうーゆーの三姉妹。まだゆーの性別が分かる前、旦那は男の子を切望していました。 女の子が2人すでにいたので男の子を育ててみたいなぁという気持ちはありましたが、元気ならどっちでもと私は思っていました。 旦那も同じで、元気ならどっちでもいいけど・・・男の仲間が欲しかったみたいです。 それというのも、みーうーはすでに女の頭角を現しているからです。 そりゃ、旦那より私と過ごす時間のほうが長い2人です。どっちの肩を持てばいいかよーく分かってます。なので2人はいつも私の味方です。 特にお酒に関しては、目くじら立てて怒ります。私がいつも文句言ってる姿を見てるので・・・。 「あ、パパまたビール買って来てる!しかも2本も!はぁーあ!ママーパパがまた2本もビール買って来てるよ!」 これは日常茶飯事の報告です。 そして最近お風呂も危うくなってきてるんです。まだ5歳なんだから旦那と一緒に入ってくれれば助かるのに、軽く嫌がります。 本当は旦那と入るの嫌いじゃないくせに、保育園の友達達がお姉ちゃんたちの影響を受けて、もうパパとはお風呂に入ってないそうなんです。 だからみーも男とは入らないと。今は無理やり入れてしまえば入ってくれますが、だんだん本気で拒否する日が来るんでしょうね。 そんなこんなで、「近い将来俺の味方は誰もいない。4人も敵がおる」と超ネガティブ発言を連発している旦那です。 敵になるか味方になるかは日頃の接し方でまだまだ分からないのに、今の接し方じゃみんな敵だわと思ってしまう今日この頃です。

仕事を休むとき

小さい子を育てていると、どうしても急遽仕事を休まないといけない時が出てきます。
一番急遽なのは、朝から熱を出してしまった時です。
うちは主人も自分自身もフルで仕事をしているので、急遽は言いにくいものがあります。
ですがありがたい事に私の会社は融通が利きやすく、無理を聞いて貰えるのでとても助かっています。
正直今の会社でなかったら、仕事を続ける事は難しかったかもしれません。
そんな私の仕事状況ですが、どうしても休めない事もたまにはあります。そんな時頼りたいのは旦那の存在なのですが・・・。
うちの旦那には、子どもの体調不良で自分が仕事を休むと言う選択肢は全くないようなんです。
何度かそんな状況に置かれた事がありました。はじめてそんな状況に置かれたときにお願いをしたことがありました。
しかし返ってきた答えは・・・「え?俺が休む?無理で。お母さんに頼んでよ。それかお前がどうにか休みよ」でした。
この一言を聞いてから、旦那に頼ろう・お願いしようという気は全く無くなり、母に頼んだり自分の会社に無理をお願いするようになりました。
でも正直な所、そう言ってしまえる旦那が不思議でたまりません。
だって自分達二人の子どもで、お互いフルに仕事をしながら働いているんだから、助け合いって必要だと思うんです。
でもやっぱり女の仕事を見下していると言うか、母親が休むのが当たり前だろ的な感じが否めません。
少子化だから子ども産めっていうけど、やっぱり男の人自信のそういう所が変わってくれないと、まだまだ子育てしながら仕事をするって難しいなと感じます。
こんな状況はうちだけじゃないと思いますが、どっかで気付いてくれないかなぁ・・・とかすかに期待してしまう自分もいます。

家事・育児は待ったなし

育児をしている中で数え切れないほど大変な事はありますが、中でも大変だと感じる事は自分が風邪をひいてしまった時です。
だってどれだけ熱が高かろうが、キツかろうが、しないといけない事は待ったなしだし、しなくちゃいけません。
出産して少ししてから、風邪をひきました。どうせ病院に行っても漢方しか出ないし、小さなゆーを病院に連れて行って他の風邪をもらってもと思ったので、自力で治す事にしました。
風邪の時、一番の特効薬は睡眠ですが、その睡眠はゆーによって妨げられ十分に取ることはできません。
そして上のチビさん達の為に、保育園から帰って来るまでにご飯を作り、洗濯もしとかないと乾かないし、旦那のつまみとご飯もしとかないといけません。
極めつけは、3人のお風呂です。そんな時に限って、期待はしてませんが旦那は残業です。計画的か?と思うくらい残業がおおいです。
そんな時位、そんな時だからこそお風呂くらい・・・と思いますが、それもままならず自分でこなさないといけません。
冬場なら入れなくてもという選択肢もありますが、夏場はそんな訳にはいかず、時間短縮の為に3人を順々にシャワー浴です。
(長女・次女を一緒にいれると遊び始めてしまうので、長女がテレビに見入ってる間に次女をダマくらかして・・・)
2人は服を着たままでも大丈夫ですが、3女は足に乗せないとなので、下半身裸で上着を胸までまくってです。
こんな感じでしていたら、治るものも全然治らず悪化の一途を辿ってしまうわけです。
でもやっぱり母は強し!悪化しながらも体は動かさないといけなくても、自然と治ってしまいます。
一ついえることは、女の人・母の方が、男の人・父より自己治癒力絶対高いです!絶対!!

職場復帰までカウントダウン開始・・・

三女ゆーを出産してからあっとゆーまに、もう6ヶ月が経とうとしています。
そしてとうとう来月から、育休が終了し職場復帰です。ゆーは保育園へ。
育休が少し短いのですが、これは産休・育休に入る際の会社との約束でした。破るわけにはいきません。
長女の時は退職し、次女の時はまだ仕事をしていなかったので二人と向き合う時間はかなりありました。しかしゆーとはたったの7ヶ月。
うちの職場は小規模で、今まで産休育休の実績が無なかったため、最初は退職するつもりでした。ですが社長からの提案と条件を飲む形で、期限付きの育休を取得することにしました。
最初は十分にあると思っていた育休ですが、日に日に期限に近づいています。近づくにつれて不安と寂しさが込み上げてきます。
一番は、こんなに小さいゆーを誰かに預けてしまわないといけないという虚しさ。離れないといけない寂しさです。
長女も次女も、初めてのお座り・歩き始め・しゃべり始め等々・・・全ての成長を私が一番に見てきました。でもゆーの一番は見ることができないかもしれません。一番に見たかったなぁ。
でもそんな事言ってても、気分が下がるばかりで何もいい事はありません。どうあがいても仕事復帰はもう目の前です。
だからその日まで、ゆーと二人で入れる時間を目一杯ゆったりと過ごそうと思っています。
なんかこんな風に書くと、永遠の別れ?って感じがしますが、そうじゃないんですよね!夕方迎えに行けばまた会えるんだし!
あと少しのゆーと二人の時間。後悔しないようにすごしたいと思います。

8ヶ月ぶりの美容院

ゆーが生まれてから半年。8ヶ月ぶりに美容院に行ってきました!!
元々癖毛で髪の量も多く、少なくても3ヶ月に1回のペースで前は行っていた美容院。
しかし今回はオッパイマンのゆーを預けるのも大変で、なかなか行く事ができませんでした。
と、それは言い訳で少し面倒くさいという気持ちがまさっていたからです。
産後いつも家にいるから、髪は一つにひっつめでしたから別に美容院に行かなくても・・・と。
毎日のバタバタに追われすぎて、美に関しての興味が薄れてしまっていたんです。
でも産後の抜け毛と、痛みの抜け毛で家のありとあらゆるところに私の長ーい毛、毛、毛。。。ゆーの首の間にまでです。
8ヶ月目にして現実を目の当たりにして、やっと美容院に行く事を決意しました。
姉二人は保育園ですが、ゆーはまだ入園していないため一時保育をお願いしました。
しかし初めてなので、時間が限定され半日、4時間のみです。
本当はカラーもカットも癖毛の前髪ストレートもトリートメントもしたかったけど、カラーは諦めました。
ボサボサだった髪を大量にすいて貰い、癖毛が完全に出てウネウネだった前髪もサラサラストレートに、トリートメントでツルツルサラサラに。
生き返りました。今日をこなさないと!美容院に行く時間なんて無い!髪とかとりあえずどうでもいい。そう思っていたはずなのに。
髪の毛がサラサラになっただけで、こんなに明るく気持ちいい気分になれるんだと思いました。
そしたら色んなところに力を入れたくなって、久しぶりに新しいネイルを買って帰りました。
やっぱり美を忘れないこと、とっても大事です。これからは息抜きもかねて、美容室に定期的に行こうと思っています。
ゆーはというと・・・哺乳瓶を受け付けず、スプーンでミルクを飲んで過ごしたそうです。
ゆーにごめんねと思いながらも、髪が軽くってルンルン気分で帰れました。

大変だけど幸せです

同級生の中には、最近結婚して楽しい新婚生活を送っている人・バリバリ働いてるキャリアウーマン・いつも遊びまわってる自由人・同じように子育て真っ最中の人。
学生時代は同じことをして、笑い転げていた人たちが今は全く違う毎日を過ごしています。
子どもがいることは楽しみも幸せもあるけれど、やっぱり自由に自分だけの為だけに時間を使えている人を羨ましく思ってしまう事もあります。
自分にお金がかけれるから身なりも私と比べ物にならないくらいビシッと決まってるし、時間に追われる事も無いからいつも余裕がある感じ。
なんで私だけこんなに何かに追われて、セカセカしてるんだろう・・・楽しそうだなぁと卑屈になってしまう事もあります。
でも一つだけ、子どもがいない人には感じることの出来ない幸せを、私は子ども達から貰う事が出来ています。
これは、友達がどれだけお金を持っていようが、ビシッと決めていようが絶対に感じることの出来ないものです。
残念だねーとちょっと優越感すら感じます。
子どもがいる方ならきっと分かってくれると思いますが、子育てって大変で人数が増えるとまた、大変さは5倍10倍ですよね。
でもその分笑い声を聞いたり、幸せそうな顔をみて幸せを感じることができるのも5倍10倍なんです。
ほんとちょっとの事、ふとした瞬間でも、大変だけどこの子達を産んで育てて来てよかったって思えるんです。
これから三人が大きく育ってくれるまで、どれだけ幸せをもらえるか考えただけでワクワクします。